meta name="robots" content="noindex,nofollow" 南米旅行の近況報告のためのブログ 2012年01月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月3日 イカダでブラジルに入国すると。

帰国からはや1カ月。体重が5キロも増えてしまった。 まずい。

10月3日、緊張の中、レティシア@コロンビアを後にする。1時間程でMarina(海軍)のボートがやってきて捕えられてしまう。危険だから、イカダでは下ってはいけないと言う。何が何でもイカダで下ると主張し続けていたら、先日ブラジルの入国スタンプを押したイミグレに連れて行かれる。

スタンプを取り消すと脅される。これから、いよいよブラジルのアマゾン川に入ろうというのに。僕の思いを理解してくれなかったのが悲しかった。声を張り上げたら、もっと敬意を払えと、腕を後ろに回され手錠を掛けられる。

何も悪いことしていないのに。泣いて思いを伝えようとすると、そんなテンションがハイになるのは可笑しい。ドラッグをやっているだろうと荷物を検査され、病院に運ばれ献血まで。

海軍の一人がこっそりと助言をくれた。見て気づいてしまったのが問題なのだと。夜中に対岸ペルー領側を、通ればよいと。100ソル払って、対岸ペルーの町サンタロサへイカダを運ぶ。次、もし見つかれば入国スタンプは取り消され、ブラジルに入国できなくなるだろう。夜に行くにしても怖かった。

翌朝、偶然レティシアの町中で、磯田さんに出会う。心強いパートナーが見つかった。どちらにせよ見つかれば同じだが、なぜか不安は和らいだ。一人より二人の方が、強盗に遭うリスクが低いのは確実だ。磯田さんを誘い、4日の夜に決行することになった。

スポンサーサイト
ブログの前に

NY Reload

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
カレンダー
12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。