meta name="robots" content="noindex,nofollow" 南米旅行の近況報告のためのブログ 2011年07月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月1日

7:47 (3650m)
  ↓  (85.8km)
17:43 (1715m)

予定ではCelenden(セレンディン)までだったが、時間がないので先を急ぐ。地図によると、Celenden(セレンディン)手前にもう一つ、3200mの峠がある。しかし、ずっと緩やかな下りが続いている。コルゲーションでも、深砂でもなく、ボコボコガタガタの道。セレディンまであと10kmの時、標高は2800m程だった。結局登りは無く、セレンディンを過ぎてから、登り始めた。3200mまで登った。そのあとは、標高900mまで一気に下る。

ダートの下りはとにかく、上腕が疲れる。常にブレーキを強く握る必要があるからだ。マジックテープをハンドルとブレーキバーに巻き付け、手を放してもブレーキが掛かるように固定した。ドロップハンドルではなく、バーハンドルのブレーキだと少し楽になるのだろうな。対岸の九十九折が見えた。あそこまで、登るのかといささか憂鬱になる。Rio Maranon(マラニョン川)沿いの町、Balsas(バルサス)は950m。そこから、3680mの峠まで登らないといけない。

テント場が見つからなく、少し焦り始めた。いつもの様に、レストランにお願いしようかと考えた。昨日の様に、廃屋が見つかればベストなんだが。家屋を見ただけでは、人が住んでいるかいないか分からない。失礼ながら、廃屋だろうと思っても、裏に洗濯物が干されている時がある。人気のない家屋を見つけた。ソォーッと覗き込むと、もし人がいたら、怪しく思われるので、オーラ!、ブエナスタルデス。と言って裏へと回る。誰もいない。ドアに鍵がかかっている。一切の家具もなかったので、幕営地決定。歩くスピードなら丸見えのようで、設営中に男性が来た。

IMG_0626 
ガタガタ

IMG_0637
Celendin(セレンディン)を目指す。

IMG_0652 
3600m の峠を過ぎて。

IMG_0673 
落ちたら、お終い。

IMG_0685
緩やかな下り坂。

IMG_0709 
今日の幕営地。

スポンサーサイト
ブログの前に

NY Reload

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
カレンダー
06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。