meta name="robots" content="noindex,nofollow" 南米旅行の近況報告のためのブログ 2011年05月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月31日 Colchani 着

8:55 Uyuni  (3656m)
↓    (61km) Salar de Uyuni
17:12 Colchani (3674km)

Isla Incahuashi(インカワシ島)を目指して、出発したが、塩湖途中で引き換えし、ウユニ塩湖の畔のColchani(コルチャニ)にて宿泊。

大きな水たまり程度ではあるが、水が張っている。いつ見ても、鏡の湖面は美しい。サンダルに履き替え、自転車を押しながら先へと進む。500m程進むと、水はなくなり、白い大地が顔を出している。再び靴に履き戻し、自転車を跨ぐ。ようやく、ウユニ塩湖を走れる時が来たと、期待を膨らませてペダルを漕ぎだす。始めは不安定だったが、湖面は硬く走りやすい。何処を走っても自由。コルゲーションができる前の、轍が走りやすい。

しかし、どこまでも続く、真っ白な世界を走っているうちに、もう十分満足したな、という感覚が生まれた。インカワシ島を目指して走るのが面倒になった。インカワシ島まで行っても、また来た道を引き返さないといけないことを考えると、前へ進むことを躊躇してしまう。最近の走行距離がずっと短かったことも影響しているかもしれない。あと55kmの地点で、走行をストップ。自転車を止め、気が済むまで写真を撮って、引き返す。

塩の大地から日の入・日の出を見ようと、塩のホテルの脇へテントを張った。が、どうもそういう気分ではなくなり、一度立てたテントをたたみ、Colchani(コルチャニ)へと向かった。ウユニ塩湖の2つの顔を見れて、満足している僕は、既に次の目的のことを考えて、少し焦っている。6月24日、クスコの祭りに間に合うように、出来れば数日前に到着したい。明日から、70km以上は走行しよう。

DSCF4571
Salar de Uyuni

P5312377
Salar de Uyuni

DSCF4616

DSCF4631 
製塩作業

P5312353 
店の前の椅子が営業中を表す@キオスコ

P5312350
ボリビアのキオスコでは、扉の中へ入れないことが多い。

スポンサーサイト
ブログの前に

NY Reload

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
カレンダー
04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。